自社に合った営業代行会社の選び方


営業代行会社にはそれぞれ特色があり、コンサルティングサービスを事業基盤としている会社、法人向けのBtoBに強い会社、個人向けのBtoCに特化した会社など様々です。 そしてどこの会社を利用するかの選び方として重要となるのは自社の現状を分析し、強みと弱みを把握することです。 例えば、個人向けの販売が弱く強化しようと考えるならそこが強い会社を選ぶといった自社に適した選択をすることができます。 そして営業代行会社を利用する際には報酬についてどのような契約を結ぶのかも大切です。 それぞれの営業代行会社により報酬体系は異なります。 大きくわけて、固定報酬型、成果報酬型、の2つがあります。 固定報酬型は、商品が売れたなど成果にかかわらずに契約期間に応じた一定の報酬を支払う必要があります。 あらかじめかかるコストがわかっている為、限られた予算で営業代行会社を利用する際には効果的です。 成果報酬型は、商品が売れた場合など実際に成果があがって初めて報酬が発生します。成果があがらなければ報酬が発生しない為、無駄なコストがかからないというメリットがあります。 その分、成果があがった場合は固定報酬型に比べ割高になる場合もあります。 これら以外にも固定報酬型と成果報酬型を組み合わせたものや、独自の報酬体系を提案している営業代行会社など様々です。 それぞれ異なる代行サービス、報酬体系などをよく検討した上で自社に適した営業代行会社を選ぶことが課題解決に繋がります。