医療分野での営業代行の関わり方

営業代行と医療といえば、あまり繋がりがないように感じますが、実はそんなことはありません。
医療の世界でも最近は営業代行を導入するところがあり、それによって大幅なコストカットを行ったり、売上アップを実現できるようになったところもあります。
営業代行を導入することには、実際に多くのメリットがあるのです。
すでに述べたとおり、病院経営において営業企業を外部委託することができれば、それが大きなコスト削減に繋がります。
なぜなら、自らの病院の人材だけで営業戦略を進めようとすれば、人件費や育成費などの点でかなりのコストがかかるからです。
しかし営業代行を用いれば、そのコストを減らすことができます。
なおかつ、営業代行会社の蓄積されたノウハウによって営業戦略が行われるので、病院の宣伝効果はとても高まります。
もちろんそれが売上アップに繋がることはいうまでもないことです。
また、営業のための人材をわざわざ雇わなくてもすむので、広告のための出稿作業にかかる時間と手間を省くこともできます。
昔はどこでも営業は専属のセクションがあり、そのセクションが行うものでしたが、今はクオリティーの高い営業ができる外部の業者が委託して、そこに任せるのが普通になってきました。
それが営業代行ですが、それがなんと医療の世界にも波及しているというわけです。
ビジネスモデルがどんどん整備されていけば、ますますその存在感は強まっていくことでしょう。

今、営業代行が求められる理由

今、営業代行が求められる理由はずばりコスト削減です。どこの企業でも今はコスト削減が至上命題となっています。そのためには、社内で煮詰まっているところを外注に出すということも一つの方法といえるのです。今は営業活動といっても昔のコネでやっていける時代ではなくなっています。社内の人材の営業というのはどうしても過去の経験にとらわれていたりしていて、そのためなかなか成果が出せなくなってきています。それでいて人件費といったものは年々かかってくることになりますから、このコストを削減するためには、営業代行といったものの活用も考えられるようになっていくわけです。
最近の営業代行は成果報酬式のものが多いですから、成果に応じで報酬を払っていくという合理的なものになっています。成果がなくてもあるていの報酬を払わねばならない社内の営業とはちがって厳しい状況で生き抜いてきているので、それなりのスキルも持っているといったことが多いのです。厳しい状況下で実績をあげてきたところのほうを選びたいというのはどの企業でも考えることでしょう。
もちろん、成果が期待通りにはいかないといったことも可能性はありますが、そのときは成果報酬タイプの契約であればコスト削減にはつながっていきますので、比較的依頼をしやすいといったことがあります。社内営業のように柔軟な対応といったことは難しいところはありますが、依頼された仕事をきっちりとこなしてくれるという期待は大いにあるといっていいでしょう。

営業代行が出来ることと出来ないこと

営業機能ない企業にとって、営業代行というサービスはとても便利なものです。
なんせ外部委託するだけで自社の営業戦略を全て担ってくれるので、こちらで特別な営業戦略を立てる必要もなければ、そのための人材育成やコストをかける必要もないのです。
こうしたメリットに着目して、営業代行を導入するところは少なくありません。
しかし、営業代行といっても、実際には出来ることと出来ないことがあります。
これはそのまま、メリットとデメリットといってもいいでしょう。
例えば、営業代行を導入することで大幅な経費節減をすることができますが、これは出来ることであり、メリットであるといえます。
なぜ営業代行によって経費節減できるかといえば、営業マンを採用したり育成する必要がないからです。
また営業職の正社員が必要にならないため、その分の福利厚生費用を抑えることもできます。
一方、最前線の営業マンに対して直接のマネジメントができないのが営業代行ですが、これは出来ないことであり、導入のデメリットであるといえます。
なぜ、直接マネジメントができないのかといえば、営業の現場で働く営業マンは、代行会社の社員であり、顧客企業の社員ではないからです。
したがって、営業マン個人に対して直接指示を行うことはできないのです。
営業機能を外部に委託するということは、マネジメント自体も委託することを含みますので、これは仕方のないことであるといえます。
このように、営業の代行サービスは便利なものですが、明確に出来ることとできないことがあるので、その点は依頼する前に確認しておかなければなりません。